女性も入りやすいおしゃれな1000円カットに行ってみたので、感想を書いてみるよ。

barber-1017457_640.jpg


こんにちは。さるぼぼ母です。

ずぼら、と言われるかもしれませんが、私は美容院にあまりお金を使っていません。もともと、髪の毛が多くて広がりやすいタイプの髪質なので、何度かパーマにも挑戦してみたことがありますが、結局髪の毛が広がってボサボサに見えたり、荒れてみえるので一切諦めました。


年齢的にも白髪も少しは出てきたので(それでも少ない方かも)、髪を染めてみたこともありますが(美容院で)、それも同じで、バッサバサに荒れてしまって、余計に貧乏臭くみえるようになったので(しかも茶色っぽいのはまったく似合わない)、ヘナなどのナチュラルで髪にやさしい白髪染めを使って自宅で定期的に染めています。


ちなみに使ってる白髪染めはこれです。


テンスター ヘナ カラートリートメント ダークブラウン 250g -
テンスター ヘナ カラートリートメント ダークブラウン 250g -


本物のヘナで染めるほうがもちろん良いのですが、私のようにやたらと時間がない場合、ちょっとハードル高いんですよね。その点、これは値段といい、使い勝手といい、髪もトリートメントされて、傷む感じもしません。ここ数年はこれに落ち着いています。


多くて広がりやすい髪質なので、髪の長さはショートが基本。長くても肩よりも長くなったことはあまりありません。ですので、美容院に行けばだいたいシャンプー&カットで終わります。


ベリィショート(?)の男性は1ヶ月とか1ヶ月半で髪を切る必要があると思いますが、3ヶ月持ったら御の字。カットが下手な美容師さんにカットしてもらうと、その場はなんとなく雰囲気はいいけど、数週間で扱いづらくなってしまいます。美容師さんの腕はやっぱりカットかなあ、と思っているところです。


◼︎美容院探しの旅が始まった。


会社が原宿のど真ん中にあった時もあり、高そうでおしゃれな美容院だらけだったのですが、休日に地元でわがままが効きそうでコスパの良い美容院にいくのが良いと思い、ずっと通っていた美容院がありました。


若い女の子に担当してもらい、楽しくおしゃべりしながら切ってもらうのですが、その店で担当の女の子はどんどん辞めていく始末(私のせいではないと思う)。3人目の担当で落ち着くかと思いきや、彼女いきなり「オーストラリアにワーキングホリデーにいくので退職します」と辞めてしまいました(涙)。


代わりに担当になったのが店長らしき男性でしたが、なんかダメなんですよね。相性的に。カットもなんか気に入らない。事務的(ではないんでしょうが)にやられるのもどうもダメで、新しい美容院探しが始まりました。


通勤途中の最近評判の店に数件。ここでヘアカラーやられてもう二度といかない、と思いました。バッサバサになりましたから。


しかし、髪の毛は2ヶ月も経つとどうにもこうにも収まりが悪い。美容院にいかなきゃいけないし、時間はない、お金もない(笑)、で思い立ったのが近頃充実してきた、と噂の1000円カットです。


女性が1000円カットに行くようになったら、もう終わってる、という声も聞こえて来そうですが(汗)、さるぼぼ君とさるぼぼ父には1000円カット(QBハウス)を推奨している我が家、さっそくググってみたところ、結構「女性でも入りやすい1000円カット」がたくさんあるではないですか。そこで調べてみました。激安(1000円だけでない)カット。


◼︎女性でも入れる1,000円カットの店を調べてみたよ。


カットファクトリー


◼︎料金:1000円(税別)


東京だけでも店舗数は40店舗以上。イトーヨーカドーといった大型ショッピング店舗の中にも入ってます。1,000円カットとえば、QBハウスが最大手だと思いきや、かなりの数あるんですね。



FaSS


◼︎料金:大人 カット&スタイリング 2000円(税別) 子供カット 1,500円(税別)~


おしゃれ格安美容院を謳うFaSS。料金は1,000円ではなく、2,000円ですが、それでも激安。1,000円カットに不安のある方はいいかもしれません。前髪だけのオプションもあります。東京都内には有楽町や恵比寿、三軒茶屋といったおしゃれエリアを中心に9店舗展開しています。



アヴァンティ


◼︎料金:カット 1,000円(税込)、前髪カット500円(税込)


東京や神奈川県を中心に11店舗を展開しています。アヴァンティのHPには「品質にこだわります」と書いてありますが、15分程度のカット時間でどのくらいクオリティにこだわれるんでしょうか。でも税込み1000円は安い。



Choki&Peta(チョキペタ)


◼︎料金: カット&ドライ 1200円(税込み)、前髪カット 500円(税込み)カラー(根元染め)1800円~ オートシャンプー 500円(税込み)~


東京埼玉を中心に展開、東京だけで9店舗あります。可愛らしいホームページで安心感がありますね。カットメニューはドライが含まれていますので、ドライヤーも当ててくれるのでしょう。また、ここにはシャンプーやカラーメニューもあります。完全に女性もターゲットになっていますが、HPを見るとわかるように、ファミリー層をターゲットとしているようです。



ピュアカット


◼︎料金:カット 1080円 → 1300円 (税込)


東京だけで店舗数15店のピュアカット。もともと税込み1080円でしたが、2017年1月4日より料金改定して税込み1300円になるようです。指名料金は逆に下がって200円になるようですね。ここはカット専門の美容室です。




◼︎ピュアカットで髪を切る


この中で最寄駅にあって、比較的評判も良さそうなピュアカットに挑戦してみました。皆、店舗内にチケット販売機があって、店舗内で待つ事もできるのですが、待つのも嫌なので、ネットから予約を申し込みます。


ピュアカットはEPARKという予約システムサイトから予約の申し込みや待ち人数、待ち時間の確認ができますので、おおよその目処を立てることができました。ちなみに先週末はいつ見ても10人以上が待っている状態。大人気ですね。


予約をして、時間直前に訪れると、ほぼ待たないで施術の椅子に案内されました。他の椅子には、若い男子、お子さん、男性。やっぱり男性の方が多いのねー(汗)。


施術をしてくれたのは、女性の美容師さん。見た目まったく普通の美容院。店内も清潔ですし、殺伐とした感じはありません。この点はQBハウスとは違いますね。


一応、希望の長さやヘアスタイルを伝えてみます(1000円なのに、ちょっと細かく伝えすぎかな...)。美容師さんは手慣れた感じではさみを入れていきます。QBハウスで息子がやってるのを見ると、ほぼバリカンなので、はさみを使ってることに若干ほっ。


切ってもらうこと20分あまり。15分を過ぎた頃から、いいのかなぁ、と思ってましたが、そんなに問題なさそうです。


◼︎仕上がりの感想は?


想像していたよりは、ずっとマシ(笑)でした。とにかく、おかしな形(左右ちぐはぐとか、ギザギザになっちゃうとか)にならなかったのでとりあえず、満足。


カットについては、ガンガン切って新しい髪型になった、というよりは、元の髪型をおかしくないように整えた、という感じでしょうか。


帰りに実家に寄って「これ1000円カットで切ったのよ」と母に伝えてみたところ、私よりずっとおしゃれな実母は「あら、いいじゃない」と褒めてくれました(喜)。


「いいじゃない」の中味ですが、「整えるくらいだったらリーズナブルで手軽」という感じです。カットの腕については、人にもよるとは思いますが、カットを大量にこなしているせいか、比較的上手かな、と思いました。5000円でカットしていたのですが、若い美容師さんの中には、お世辞にもカットが上手いと言えない人もいまして(あと、ゆるふわのセミロングパーマスタイルが全盛期ってこともあるんでしょう)コスパはまったく悪くないです。


◼︎まとめ


女性も入れる1000円カットのお店、調べてみたらこんなに増えていることがわかって驚きました。おしゃれはしたいし、髪も切らないといけない、でも2ヶ月に5000円(カットだけ)は高い、という方はたくさんいるのでしょう。カットの他に、パーマやヘアカラー、ネイルにもお金をかけていたら、ものすごい出費ですから。


格安美容院の良いところをまとめると。


コスパが良い

短時間で済むので忙しい人にぴったり

わずらわしい会話をしなくてもいい


ということでしょうか。ただし、これらのお店の評判をみてみると、必ずしも良いと思った人ばかりじゃないことはわかります。まあ、これだけ安いから、多少のデメリットも仕方ないのかな、といったところです。でも、需要が多いから増えているこれらのお店、今後は品質も満足できるお店がどんどん増えていくのかもしれません。


きになる方は、評判の良さそうなお店で一度試してみたらいかがでしょうか。


大変長くなりましたので、今日はこの辺で。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック