「東京タラレバ娘」第7話のネタバレ まさかの展開にKEYは?

タラレバ_Fotor.jpg
さるぼぼ母です。

日テレ水曜日夜10時から放映中の「東京タラレバ娘」。前回、千載一遇のチャンスが巡ってきて、パーフェクトな彼氏となった奥田と「噛み合わない」のが原因であっさり別れてしまった倫子。また元の状態に戻ってしまった倫子はどうなるのでしょう。

ここでは「東京タラレバ娘」第7話のあらすじと感想をご紹介します。

*このブログにはネタバレが含まれますので、まだ放送をご覧になっていない方はご注意ください。
スポンサーリンク

奥田と分かれて仕事も失った倫子に早坂がくれた町おこしの仕事。

フリーの脚本家の鎌田倫子(吉高由里子)は男なし、仕事なし、崖っぷちの30歳。「イイ男が現れてくれレバ」「その人が私を好きになってくれタラ」と女3人で吊るんでいつも「タラレバ」ばかり言っていた。

そんな倫子に千載一遇のチャンスが巡ってくる。しかし、いきなりパーフェクトな奥田(速水もこみち)という彼氏ができたのもつかの間、奥田と「噛み合わない」ことに気がついて別れてしまう。せっかくのチャンスをみずから捨ててしまった倫子だった。

そんな倫子は2度目の脚本チャンレジも失敗し、仕事も失って心もボロボロになってしまった倫子は親友の山川香(榮倉奈々)と鳥居小雪(大島優子)と共に北伊豆に向かうバスに乗っていた。

倫子を心配して家の前で真剣な面持ちで待っていたドラマ制作会社の早坂哲朗(鈴木亮平)は、倫子に北伊豆町の町おこしをするPRビデオの脚本を依頼したのだ。早坂の地元である北伊豆町で観光協会の仕事をしている恩師から、プロの脚本家を紹介してくれないかと頼まれたのである。

「私で良ければ」と引き受けたものの、気乗りしない倫子。食い扶持が稼げるだけでもありがたい、と親友たちは言うのであった。バスの中で「結婚するなら早坂みたいな人!」と盛り上がり、過去の自分に忠告できタラ、と妄想する倫子だった。

その頃、倫子が降ろされたドラマ「恋するシーズン」はクランクアップを迎えていた。倫子にドラマを依頼したことをKEY(坂口健太郎)に話していてADの芝田マミ(石川恋)に倫子が岡田と別れたことを知らされる二人。

上から目線で仕事を引き受けた倫子は脚本を書き直すことを決意。

北伊豆町に着くと、早坂の恩師である田口(田山涼成)をはじめ観光協会のメンバーが倫子たちを大歓迎していた。若くて、きれい、可愛いと60歳過ぎの田口たちに褒められて有頂天になる3人。しかし、監督もスタッフも役者もすべて自分たちで手弁当で行うと言われて、唖然とする倫子。

その夜、観光協会では倫子たちの歓迎の宴が行われた。若い人がいない田舎の町でちやほやされて、さらに舞い上がる3人だったが、若い人に町に戻ってきてもらうようにドラマを作りたい、という田口の熱い思いを聞いて、倫子は自分がもっと簡単に考えていたことに気づく。

そこに現れる「タラレバ」キャラたち。上から目線でこんな町起こしの仕事なんてダサいと思っていたことまで見透かされて「目を覚ませ」というキャラたち。馬鹿にして、見下して、大事なことを忘れていた倫子は田口に自分が書いた脚本を破り捨てて、次の朝までに書き直したいと頭を下げる。

東京の「呑んべえ」ではクランクアップの打ち上げが行われていた。ドラマの主題歌を担当していた鮫島涼(平岡祐太)も同席していた。その時、田口から倫子が脚本を徹夜で書き直したいと提案してくれたと連絡が入る。

親友の二人が寝ている横で世を徹して脚本を書く倫子。東京で暮らすうちに何かを忘れていった自分、自分らしさが薄れていく自分を考えながら。

翌日、完成した脚本を田口たちに見せると気に入ってくれた。ADをやっていたので撮影を手伝いたいと申し出る倫子。撮影が始まった。そこにKEYと早坂が現れる。成り行きで早坂と一緒に北伊豆町に来ることになったKEYは田口に東京の男性役でエキストラとして出演する。

小雪は父の安男に丸井との不倫を知られてしまう。

その頃、小雪は不倫中のサラリーマン丸井良男(田中圭)に土産を手渡していた。出産した妻がいつ帰ってくるかを尋ねる小雪に、丸井は自分の妻が子供が生まれた後に産後クライシスで情緒不安定になったこと。そのために自分が精神的にきつくて家にいるより小雪といたい、と話す。その様子を常連の山ちゃん(伊沢弘)が見てしまう。

その様子を小雪の父・安男(金田明夫)に知らせる山ちゃん。安男は一緒にいた丸井が結婚していることに気がつく。帰宅した小雪に父は言う。
「あの男は止めとけ。いつか結婚したいと思ってるんだったら」と。

撮影はクランクアップを迎えていた。出演の礼をいう倫子に脚本を褒めるKEY。

その夜、クランクアップの打ち上げが行われていた。KEYのイケメンぶりで盛り上がる北伊豆町の居酒屋。出来上がったばかりのVTRが上映されることになった。

東京で透明人間になってしまうに自分に主人公を重ねたそのビデオ。北伊豆町で自分を取り戻すショートムービーを見て涙する田口。側で涙している早坂に礼を言う倫子。仕事が好きだった自分を思い出す。

そこに現れる「タラレバ」キャラたち。仕事が充実してキラキラしている倫子に「仕事が上手く行ってると恋愛も上手くいく」とけしかける。別れたばっかりだから、という倫子に「30代はあっという間」と脅すキャラたち。

東京では涼に食事をドタキャンされた香が「呑んべえ」にいた。香の家に泊まりにいって父親に知られたことを話す小雪。自分たちのやってることが無駄なのかもしれない、とため息をつく二人。

まさかの展開。倫子がキスをした相手は早坂だった!?

宴はたけなわ。いい具合に酔が回る倫子と早坂に田口は「お似合い」とほのめかすが、慌ててそれを否定する早坂。その様子にドキっとする自分に驚く倫子。好意を隠し切れない早坂は酔を覚まそうと外に出る。

早坂を追って外に出た倫子。酔っ払ってフラフラし、倫子への気持ちを口走る早坂と思わずキスしてしまう。こういうことあるある、と冷静に考えようとする倫子に「ちゃんと酔ってない時に電話します」という早坂。
その様子をKEYが見ていた。

そこそこ生きていると、たまにひょんなことから何かが始まることがあるのか?
(第7話おわり。つづく)


さるぼぼ母の感想

あらら、KEYと何かが始まるのか、と思いきや、なんとこんどは早坂と「何かが始まる」展開になってしまいました。早坂のことがずっと気になっていた倫子だっただけに、一気にうまくいく?のでしょうか。

いやいや、ここでKEYが倫子に対する自分の気持ちに気がつくというか、気がついてるのかも素直になれなかった自分を変えるのかもしれないです。今回は北伊豆町の撮影が話の中心という、盛り上がりがない回なのかな、と思いきや、最後の展開は意外でしたね。

しかし、ずっと彼氏なしの30歳がいきなり彼氏できたり、昔振った人とキスしたりととにかく漫画な展開に笑えます。前日の「カルテット」松たか子演じる巻真紀と宮藤官九郎演じる夫の巻幹生の会話と離婚があまりにも哀しく、美しく、空間を超えた時間軸で動いているストーリーなのに比べて、この「タラレバ娘」は極端に2次元的に作ってあるので、対照的で面白いです。

「カルテット」私の周りで極端に(笑)話題になっているようですが、やはり特殊な脚本と演出のせいか、視聴率は今ひとつのようですね。

ところで、ネットでは田中圭演じる丸井良男がサイテー野郎だと話題になっているようです。いるんですよねー、こういう最低野郎。自分がイヤだから逃げてきて、帰るところも確保している。相手の事なんか考えてない。結局奥さんも、小雪も幸せにしてない、という。うーん、サイテー野郎です。楽しければそれでいい、自分のことしか考えてないんです。

こういう「あるある」でこのドラマはできてます。そして、どれも正解だと言ってないんですね。原作の第一巻の最後に作者の東村アキコさんが、なんでこれを書いたのか、というエピソードが書かれてたんですが、東村さんご自身は離婚されているわけですよね。なので、結婚に対する憧れは当然ない。それなのに、結婚してない友人たちは「結婚したい、オリンピックの時に一人でいたくない」って言うそうで(笑)。

それにいちいち檄を飛ばす自分が面倒(笑)になってしまってこの漫画を描いたとかいう。結婚なんかゴールじゃないし。というこの漫画、結構好きかも。


「東京タラレバ娘」の見逃し配信はHuluで見ることができます。利用料は月額980円ですが、2週間でしたら無料で視聴することができますよ!