2017年7月2日放送!【男子ごはん】本場の夏!「夏の本格的チキンカレー」と「スパイシーフィッシュ&チップス」のレシピ

20170702_Fotor.png
photo by:http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/

さるぼぼ母です。

2017年7月2日放送!【男子ごはん】本場の夏!「夏の本格的チキンカレー」と「スパイシーフィッシュ&チップス」のレシピをご紹介します。

カレールーを使わずに5種類のスパイスを使って作る本格的インド風チキンカレーです。
ガラムマサラはカレーを作る際に使うインド特有のミックススパイス。ターメリックはカレーの黄色い色になる別名ウコン。チリペッパーは辛さを調整するもの。クミンパウダーはエスニック料理に使われる爽やかな風味を持ち、肉料理に使われるものです。コリアンダーはパクチーの種子をパウダーにしたものです。

カレーのルーとして使うほか、今回は付け合せのフィッシュ&チップスにも使うことで、爽やかな風味を演出します。

スポンサーリンク

◉スパイスをたっぷり使った本格的チキンカレー


チキンカレー_Fotor.png

材料(4人分)
◉鶏もも肉 2枚(600g)
◉ひよこ豆(缶詰) 100g

《野菜ペースト》
◉玉ねぎ 2個(500g)
◉トマト 3個(350g)
◉しょうが 30g
◉にんにく 3片

《スパイス》
◉カレー粉 大さじ2
◉ガラムマサラ 小さじ2
◉ターメリック、チリペッパー、クミンパウダー、コリアンダーパウダー 各小さじ1

◉バター 50g
◉塩 小さじ4
◉温かいご飯、ナン 適量

《トッピング》
◉ドライパセリ、チリペッパー 各適量


作り方
  1. たまねぎ・トマト、にんにく・しょうがは適当な大きさに切り、すべてミキサーに入れてペースト状にします。このレシピは心平ちゃんがナイルレストランでナイルさんに聞いたものだそうです。
  2. 欧風や和風カレーは肉の旨みをスープに出して作りますが、インド風はベースのペーストを煮詰めて野菜の旨みを凝縮してから、肉に合わせるイメージ。
  3. バター30gを熱したフライパンに溶かして、ミキサーでペースト状にした野菜を入れて炒めていきます。炒めている時に水分が少なく撥ねやすいため、蓋などで盾にして撥ねを避けましょう(SHINPEI'S POINT)。このまま10分ほど弱めの中火で煮詰めていきます。
  4. 鶏肉は食べやすい大きさに切り、塩を振ってよく揉み込んで下味を着けておきます。
  5. バター20gをフライパンに熱し、鶏肉を皮を下にして少し焼き目が着くまで焼いていきます。
  6. 鶏肉は軽く焼き目がついたらひっくり返し、カレー粉、ターメリック、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、チリパウダー、ガラムマサラを加えて、鶏肉に絡めてを炒めていきます。
  7. スパイスを絡めた鶏肉をさきほどの煮詰めたペーストの中に加え、全体に粉をなじませるように混ぜながら煮ていきます。
  8. 缶詰のひよこ豆を加え、塩小さじ3を加えて味を整えます。器にチキンカレーを盛り付けて、ご飯を盛ってドライパセリ、チリペッパーを振って、ナン(出来たもの)も盛り付けて出来上がり。お子さんなどが辛すぎる時にはルーに牛乳を加えてマイルドにしてもよいでしょう(SHINPEI'S POINT)。


◉付け合せ スパイシーフィッシュ&チップス


フィッシュ&チップス_Fotor.png

材料(2~3人分)
◉タラ 3切れ(250g)
《下味のスパイス》
◉ガラムマサラ、コリアンダーパウダー、クミンパウダー 各小さじ1
◉塩 小さじ1/2

《揚げ衣》
◉天ぷら粉、水 各大さじ7
◉じゃがいも 大1個(270g)
◉薄力粉 大さじ2
◉ガラムマサラ 小さじ1/2
◉塩 ひとつまみ
◉揚げ油 適量
◉青唐辛子 適量

《たれ》
◉レモン汁、マヨネーズ 各大さじ1
◉にんにく、しょうが(みじん切り) 各1片分
◉塩 小さじ1/3
◉オリーブ油 大さじ2

作り方
  1. オリーブオイルににんにくしょうが、レモン汁、マヨネーズを加え、よく混ぜておきます。
  2. タラは皮と骨を取り除き、一口大に切ってボウルに入れ、ガラムマサラ、コリアンダーパウダー、クミンパウダー、塩小さじ1/2を加えてよく混ぜて下味を着けておきます。
  3. ジャガイモは皮がついたまま縦半分に切り、さらに縦に一センチ幅に切って水にさらしておき、キッチンパウダーで水気を拭いておきます。
  4. 切ったジャガイモに薄力粉をまぶし、揚げ油を180度に熱して強火で揚げていきます。ジャガイモは挙げている間にスパイスが落ちてしまうので、味つけは後でするのがポイントです(SHINPEI'S POINT)。
  5. ジャガイモがきつね色にカリッと揚がったら取り出して、熱いうちに塩(ひとつまみ)ガラムマサラを振って味を着けます。
  6. タラには水で溶いた天ぷら粉の衣をたっぷりとつけて、170度に熱した油に入れて中火で揚げていきます。衣が固まってきたらたまに返しながらカリッと揚げます。
  7. 揚がったタラとジャガイモを器に盛ったら青唐辛子を載せ、最初に作ったタレを添えて出来上がり。

スポンサーリンク


TALK TIME

漬物グランプリ2017で金賞を取った美味しい漬物を紹介。

◉はつね(広島県)

日本三大着けのひとつ「広島漬け」を使った漬物。
甘口の大根にゆずの香りを添えて、広島菜で巻いた一品。

◉おみ漬わさび(山形県)未発売

おみ漬わさび_Fotor.jpg
山形県の伝統的な漬物「おみ漬け」をわさび、こうじに漬け込んだ一品。
グランプリに参加のため作ったので未発売だそう。

◉京都のお漬物屋さんがつくった食べるラー油「一菜の素(OKAZU NO MOTO)」(京都府)

京都の伝統野菜「佐波賀大根」を使った食べるラー油。そのままご飯に載せて、豆腐にかけて、食べられるピリ辛漬物。