Amazonプライムビデオで配信中の「BOSCH(ボッシュ)」は刑事ドラマの秀作!

bosch_title_Fotor.jpg

Amazonプライムは送料無料になるだけではない。最新の映画やドラマも見放題!

さるぼぼ母です。
海外ドラマ好きの私はAmazonプライムビデオもフル活用中です。

Amazonを生活でもフル活用のさるぼぼ家ですが、ドラマ好きの私にとってたまらないのはAmazonプライム会員だと見放題のプライムビデオです。

プライム会員限定のメニューがあって、テレビドラマだと最新話は有料だったりするものが多いんですが、それ以外は見放題なんですね。

私が大好きな「ウォーキング・デッド」もプライム会員ならシーズン6まで見放題です。ちなみにVOD(Video On Demand)で配信中の最新話はシーズン7。こちらはAmazonでは配信されていないようですね。

Amazonプライムビデオでは、Amazonオリジナルの作品も結構あって、その中にもなかなか素晴らしい作品があるようです。

それにしても本格的なテレビドラマまで製作してしまうAmazonってすごすぎますね。本格的にコンテンツビジネスにも乗り出したということなんでしょう。いやいや、もうなんでもありですね...なんだか生活全般を取り込まれつつある気がしてコワイなあ^_^;

Amazonプライムビデオ、最初は大して作品数もなかったので気にもしてなかったんですが、最近のラインナップの充実ぶりはすごいです。

スポンサーリンク

原作のマイクル・コナリーの「BOSCH(ボッシュ)」シリーズは当代随一のハードボイルド小説として人気


その中で私がおすすめの作品が「BOSCH(ボッシュ)」です。

ミステリーは読んでもあまりハードボイルド系は読まない私は、マイクル・コナリーのこの小説は読んだことがありませんでした。まあ、ミステリー(?)は好きで、パトリシア・コーンウェルの「検屍官」シリーズなんかは年末に出るのを毎年楽しみにして読んでいた時期がありました。

マイクル・コナリーの小説は当代随一のハードボイルド小説と言われるほどのようです。そして、コナリーの小説の主人公がハリー・ボッシュという刑事なんです。

ちなみにマイクル・コナリーの「ボッシュ」シリーズはこんなに出ています。

 ナイトホークス 1992年  扶桑社ミステリー
 ブラック・アイス 1994年  扶桑社ミステリー
 ブラック・ハート 1995年  扶桑社ミステリー
 ラスト・コヨーテ 1996年  扶桑社ミステリー

などなど、数が多いのでここではすべてを挙げるのを割愛しますが、最新作の「ブラックボックス」(2017年)講談社文庫を含めて、日本では25作品が翻訳されています。

「ブラックボックス」はこちらですね。

「BOSCH(ボッシュ)」とは?


さてさて、このマイクル・コナリーの人気小説を原作としたこのドラマ、少しだけ内容を解説してみますね。

LA市警殺人課のハリー・ボッシュ(タイタス・ウェリヴァー)は、ベテランの刑事で、ベトナムでの特殊部隊に所属した経験の持ち主です。幼い頃に娼婦をして彼を養っていた母親を何者かに殺されて、孤独で辛い少年時代を過ごしています。

そのため、一匹狼として単独行動を好み、優秀だけど頑固で一筋ならない、何を考えているかわからない変わり者であり、何かしら問題を起こすとLA市警でも思われています。

元FBAの心理分析官である妻エレノア・ウィッシュ(サラ・クラーク)とは離婚していますが、エレノアとの間に生まれた娘マディ・ボッシュを守るためにはどんなことでもする愛情溢れた父親でもあります。
しかし、ボッシュはその生い立ち戦争での傷から、娘にさえも心を閉ざしているのです。

タイタス・ウェリヴァー演じるボッシュは、小柄の静かなる男、派手さは持ち合わせてないけど、存在感溢れた刑事です。いつも冷静であるだけでなく、ベテランとして多くの事件を解決しています。

自身のストーリーを題材にした映画で大金を手に入れたボッシュは見晴らしのよい高台に素晴らしい住処を構えており、決して裕福ではなくとも好きな音楽(Jazz)を聞き、Jazzの流れる渋いバーで仲間や恋人と一時を過ごすという、なかなか素敵な生活をしています。

ですが、さまざまな事件が起こる中でボッシュに貫かれているのは、娼婦として殺された母の復讐であるのです。

ボッシュにはジェリー・エドガー(ジェイミー・ヘクター)という相棒がいますが、ジュリーはボッシュとは対照的にいつも身なりに気を遣い、人を撃ったこともありません。

エドガーをなかなか認めず子供のように扱うボッシュですが、次第にエドガーはボッシュの心の闇を理解しはじめます。シーズン3の最後で、特殊部隊に所属していた犯人に復讐されて撃たれるエドガーですが、ボッシュが警官としてしてはならないことをやっていたことに気が付きます。

ボッシュは母親を殺した犯人が実は警察組織の上層部に今も君臨する人物だったことに気が付きます。ボッシュに認めてもらおうとしていたエドガーは、逆にボッシュに対して警官として間違ってるという疑念をいだき始めるのです。

「BOSCH(ボッシュ)」のキャストはこんな俳優たち。


「BOSCH(ボッシュ)」の配役はそれほどスーパースターがいるわけではありません。全体として名脇役を持ってきたような味わいがあります。


主役のボッシュを演じるタイタス・ウェリヴァーさんの事が記憶にないのですが、出演作品を見てみると、テレビドラマではすごい人気作品ばかりに脇役として出演しています。
ざっと挙げてもこんな感じ。


  • 「ビバリーヒルズ高校白書」(ダグ)
  • 「Xファイル」(ダグ・スピニー)
  • 「ロー&オーダー」(ビル・ホイットニー)
  • 「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」(ロジャー・ウォルシュ)
  • 「プリズン・ブレイク」(スコット)
  • 「名探偵モンク」(ダニエル・リース)
  • 「スーパーナチュラル」(ロジャー)
  • 「LOST」(黒服の男)
  • 「サン・オブ・アナーキー」(ジミー・オフェラン)
  • 「グッド・ワイフ」(グレン・チャイルズ)
  • 「クローザー」(グレゴリー・ディスケン)
  • 「SUITS/スーツ」(ドミニク・バロン)
  • 「CSI:科学捜査班」(マーク・ガブリエル)
  • 「GRIMM/グリム」(Farley Kolt)
  • 「ホワイトカラー」(プラット上院議員)


私がちょっと知ってるような作品だけでもこれだけありますよ。主役じゃないですけどね。ということはテレビドラマの名脇役間違い無し。

まあ、日本でもそうですが、名脇役の人ほど演技が上手いって人が多いですよね。

ボッシュのような刑事というのはひとつの米国の型なのかもしれません。最初に私がこのドラマを見て思ったのは内省的で暗い過去を抱えたジョン・マクレーンであり、ジャック・バウアーだな、ってことですね(笑)。
BOSCH1.jpg

なんでも「ダイハード」「24」になぞらえるのを良しとしない人も多いでしょうが、決してすらっとした美男子ではない(少なくとも「クリミナル・マインド」のアーロン・ホッチナーとは違う。笑)小男ながら静かなる闘志を持ち続ける薄幸の主人公。これって米国民のヒーローのひとつの型になりえてるような気がしてなりませんね。

それから、妻のエレノアを見てすぐにわかった人も多いと思いますが彼女サラ・クラークは「24」のニーナ・マイヤーズです。ニーナ・マイヤーズは美しいけど、途中でジャックの敵になっちゃうんで、ああ、残念と思った方も多かったと思いますが、多少年を取ったとしてもやっぱり彼女は素敵です。
saraclark_Fotor.jpg

あともう一人、印象的なのはLAPD警視正補(チーフ)から副本部長に昇進するアーヴィン・アーヴィングを演じているのがランス・レディック。この印象的な俳優さんは(演技はどれも同じに見えるんですが)「LOST」でマシュー・アバドン役、そして「フリンジ」で主役のオリビアのFBIの上司にあたり、フリンジチームの指揮官でもあるブロイルズを演じています。

fringe-Lance-Reddick-570x337_Fotor.jpg
アーヴィン・アーヴィングはシーズン1〜3ではもしかしてボッシュの味方?を思わせる部分もあるのですが、「おまえがいると組織が崩壊する」という言葉どおり、ボッシュに立ちはだかる宿敵となっていきます。シーズン4(製作が決定らしい)以降では、ボッシュの母の敵である市議を庇うだけでなく、さらに昇進して市議となっていくようです。

スポンサーリンク

「BOSCH(ボッシュ)」はAmazonプライムで配信中。


静かなる男ハリー・ボッシュ。彼が母を殺した犯人を決して諦めることなく追っていくこのドラマは、一度見始めると止められない魅力があります。

さすが人気小説のドラマ化ですね。Amazonでもレビューの評価がすごい。現時点ではまだシーズン1〜3までしか配信されていませんが、4の製作が待ち遠しいですね。

この「BOSCH(ボッシュ)」はAmazonプライム会員でしたら無料で見放題です。

Amazonプライム会員には、年間会員費3,900円(税込)(あるいは月額400円)で入会することができます。
会員特典には以下のような特徴があります。

①Amazonで購入した商品を無料で配送

Amazonでは合計2,000円以下の商品には配送料がかかります。とにかく頻繁にAmazonを使う人はプライム会員になって損はないでしょうね。

②Amazonプライムビデオ、プライムミュージックの対象商品が見放題・聴き放題

プライム会員対象の映画・ドラマ・アニメは見放題。音楽については、オトクなのかは微妙かなぁ、と思っています(聞きたいものがプライムではない!みたいな)。でも映画やテレビ番組、アニメ作品などプライムビデオは本当にそのラインナップは豊富です。

③プライム・フォト

これはまだ試してませんが、Amazon Driveに自分で撮影したデジタル画像を容量無制限で保存できるらしい。

④Amazonパントリー

日常的に購入する食品・日用品など(たとえばティッシュペーパーとか、洗剤とか)を一箱あたり290円で購入可能なサービス。私もたまに利用しますが、近くのスーパーで買うのとどちらがお得かはあまりまだ検証できてませんね。まあ、重い物を届けてもらうのは便利。

その他、ダッシュボタンの利用、プライム会員限定先行のタイムセール、Kindleの中から好きな本を月一冊、無料で読むことができるKindleオーナーライブラリーというシステムもあるようですね。

いずれにしてもVODが目的の方にとってもさまざまなサービスがあるプライム会員は、超オトクです。

さて、Amazonプライムビデオはこちらから入会できます。

映像好き、ドラマ好きなら入っていて損のないサービスではないでしょうか。