『おんな城主直虎』第44回「井伊谷のばら」のあらすじと感想

第44回_Fotor.jpg

さるぼぼ母です。

『おんな城主直虎』第44回「井伊谷のばら」のあらすじと感想をご紹介します。

*詳細なネタバレが含まれますのでご注意ください

スポンサーリンク

万千代の身を案じる直虎の心配をよそに、万千代は寝所に居残りをさせられる。


直虎(柴咲コウ)の反対を押し切り、井伊の名で徳川に仕えた井伊万千代こと虎松(菅田将暉)。小姓として認められ、ついに初陣を迎えることとなった。

万千代の身を案じる直虎は祐椿尼(財前直見)と話をしていた。年のせいか具体の悪そうな祐椿尼を直虎は心配していた。

万千代の初陣は武田の治める敦賀の田中城攻めであった。万千代と万福の二人は徳川家康(阿部サダヲ)について戦場に出たいと願ったが、家康の家臣たちは二人を色小姓扱いして、寝所に戻るようにからかうように申し渡された。

軍議が聞けると期待していた万千代たちはがっかりした。
このまま色小姓扱いされているといつまで経っても昇進できないため、家康に元服を願い出たほうがいいと万千代は語った。

家康の長男である信康(平埜生成)が岡崎から田中城攻めの手伝いに来ていた。信康は万千代がいる寝所に薬剤を分けて欲しいと現れたが、一緒についてきたのは信康の小姓である近藤武助(福山翔大)であった。近藤はこの度の戦いで元服の許しを得てやって来たのであった。

自分も早く元服をと願う万千代に信康は、家康が万千代たちを戦い以外のところで活躍してほしいのではないかと語った。
「しかし、武功を立てねば井伊家は名ばかりで終わってしまいますでしょう」と万千代は言った。薬を信康に差し出した万千代は自分が薬を煎じると申し出たが、近藤は自分が作るとそれを断った。

陣中でただならぬ気配を感じた万千代はある罠を仕掛ける


その夜、夜を徹して見張りをする二人。ふと陣中に何かの気配を感じて万千代が駆け寄った先には誰も居なかった。それを聞いて、気のせいだろう、と家康は語ったが、そこにはたしかに何者かがいたのだった。

次の日、皆の戦ぶりを見たいと願い出た万千代だったが、その日の任は畑を焼くだけだった。家康は万千代に陣中に残って、怪しい輩を捕まえるよう命じた。それを聞いて家臣たちも万千代をからかうのであった。
「日ノ本一の小姓ぶり、見せてくれ」
そう家康に言われた万千代は憤った。
「殿は俺をここに飼い殺しにするつもりか。小五郎らも続々と役目についているのに、もう4年も小姓のままではないか」と万千代は万福(井之脇海)に向かって吠えた。

しかし万千代は、陣中のすみずみまで見回りを行い、罠を作り、夜に備えた。横になった万千代は薬箱を見て何かおかしな気配を感じた。

家康が戻ってくると、万千代が家康の寝所で寝ているという。起こしたがまったく動かない万千代を家康はゆすり起こそうとしたが、起きる気配はなかった。

「万千代、薬湯を作ってくれ」と頼む家康に万福は誰か作れるものを探してきた。やってきたのは、あの近藤武助だった。

家康を毒殺して万千代に罪を着せようとしたのは信康の小姓である近藤武助だった


近藤は薬湯を煎じて家康に差し出した、が、その手を押さえたのは寝ていたはずの万千代だった。
「そなた、毒味をしてみよ」という万千代を睨みつける近藤。
「なにゆえできぬ」という万千代に近藤は刀を抜いて斬りかかり、家康に刃を向けた。万千代は家康を庇って、肩を切られたが、すかさず隠していた槍で近藤に応じた。

近藤は自害しようとしたが、それも遮った万千代は近藤を組み伏せた。近藤武助は捕らえられた。怪我の手当を受ける万千代のところに榊原康政(尾美としのり)がやってきて、何で万千代が近藤の企みに気がついたか尋ねた。

「薬箱の紐の結び方です。いつも蝶結びにしているのに、なぜか固結びになっておりました。調べたところ混ぜものが入っており、これは何者かが私が殿を殺したことにして、殿を亡き者にしてしまおうとしているのだと気が付きました」と万千代。

あの者はなぜあのような事を、と万福が榊原に尋ねると、榊原は武田の手のものに違いないと答えた。
「信康様はさぞ、ご心痛でしょうなあ」という万福の言葉を聞く間もなく、万千代は気を失った。

スポンサーリンク

祐椿尼の病状の悪化、そして家康から万千代に褒美として一万石が与えられる


井伊谷。母の様子を気にする直虎の元になつ(山口紗弥加)がやってきた。万福から文が来て、初陣より無事戻ったことを知らせてきたのだった。喜びもつかの間、祐椿尼が倒れた。前々から心臓が悪いのを隠していたのだった。

母の様子を昊天(小松和重)に尋ねた直虎だったが、一時は持ち直したものの危ない状況だという。直虎はなつや他の人たちに知らぬ顔をして尋ねてくれるように頼んだ。

万千代への知らせはどうしましょう、なつは言ったが、直虎は自分が万千代に伝えるとその申し出を断った。

浜松城。家康の寝所に入った武田の間者を討ち取った功により、万千代には家康より一万石が与えられることになった。その途方もない褒美の大きさに驚く万千代だった。

呆然として廊下を歩く万千代の耳に、家臣たちが「寝所で手柄を立てた」ことを揶揄する声が聞こえてきた。それを聞いて憤る万千代。何としてもこれを機に元服を認めてもらわねば、と鼻息を荒くするのだったが、万福が言った。

「元服となれば、若が正式に井伊の当主となるということですよね?そうなれば、おとわさまに正式に家督を譲ると言ってもらわねばなりませんよね」

「ここであの意地悪婆あに手綱を握られるとは、一生の不覚」と万千代。

しかし万福はここできちんと話をしてみては、と勧めたが万千代は直虎が家督をやすやすと譲るわけはない、と毒づいた。

祐椿尼の元を井伊谷の人々が訪れ、一万石のことも直虎の知るところとなる。


井伊谷。長春という花を庭に植えにやってきた瀬戸方久(ムロツヨシ)あやめ(光浦靖子)の夫婦、松下からやってきたしの(貫地谷しほり)の訪問で龍潭寺は賑やかだった。みな、祐椿尼を訪ねてきたのだった。しのから万千代が家康から一万石をもらったと聞かされた直虎と祐椿尼は驚いて叫んだ。万千代から何も聞いてなかったのであった。

龍潭寺で南渓和尚(小林薫)は祐椿尼と話をしていた。皆を連れてきたのは直虎だと祐椿尼は気づいていた。祐椿尼は和尚に最後に会っておきたいものがいる、と手紙を託した。

直虎は近藤康用(橋本じゅん)と話をしていた。一万石を授かったことで今後どうするか近藤は尋ねた。一万石ともなれば、井伊は家名だけでなく名実ともに領地を任せたいとなるかもしれない、と近藤は言ったが、直虎は武家にもう戻るつもりはない、と答えた。
「では、万千代がこの井伊谷を安堵されたらどうする?」近藤は再度尋ねた。

直虎が寺に戻ってみるとそこには万千代と万福が居た。仰々しく直虎に頭を下げる万千代と直虎は二人きりになった。祐椿尼が会いたいと文を送った相手は万千代だったのである。
その場を去ろうとする万千代を引き止めて、直虎は切り出した。

家督を継いで井伊を再興したい万千代とそれを良しとしない直虎は決別する。


二人は井戸の前に行った。一万石ともなれば家臣も抱えなければいけないだろうがどうしたのだ、と尋ねる直虎に、松下にいる小野のものたちを抱えることにした、と万千代。

「こちらに手出しはいたしませんので、ご安心を」と万千代。

この先はどうするつもりかを尋ねる直虎に、万千代は領主に戻りたいということですか?と冷たく聞いた。

自分は井伊の民であり、この先もそんなことはまったく考えていないと答える直虎に、ならば話は終わりだと万千代。

しかし直虎は万千代に、今後も井伊谷を安堵するような事は考えてほしくない、ここは近藤と自分たちでうまく取り仕切っているからそれを壊されたくない、と伝えた。それを聞いた万千代は声を荒げた。

「殿には誇りはないのか?近藤は但馬を殺し、ここを掠め取った本人だ。井伊のものを井伊が取り戻して何が悪い?」

「わかった。そなたがここを取り戻したとしてやりたいことはあるのか?ないのなら、祖先の土地を取り戻した井伊万千代はすごい、そう褒められたいだけと考えてよいのか?」と直虎。

「それの何が悪い?武家とはそういうものではないのか?力を尽くし戦い、その証をして土地を治めていく」万千代はしたり顔で語った。

「そうして、同じように力を示すものに土地を奪われるわけか?くだらぬ」と直虎。

「そのくだらぬことさえできなかったのは、どこのどなたじゃ?まるで、くだらぬことから身をひいたような言い方だが、殿はできぬことから逃げ出しただけじゃないか。戦いから降りたものが戦いに口を出すとはもってのほか」万千代はものすごい形相で直虎に怒鳴った。

「逃げてはじめて見えるものもあるのじゃ」という直虎の言葉を「負け犬が戯言をほざくな」と万千代は遮った。

「さような考えなら家督は決して譲らぬ」直虎はきっぱりと言い、
「望むところ。ならば力づくで引き剥がすまで」と言い残して万千代はその場を去った。
「できるものなら、やってみるがよい」と直虎は呟いた。二人は決別したのだった。

スポンサーリンク

祐椿尼の娘を思う気持ちに感謝する直虎だったが、その夜、息を引き取る祐椿尼。


龍潭寺に戻った直虎を母は万千代と話ができたかを尋ねた。二人の確執が心配だったのだ。母に心配させまいと、話ができたと礼を言う直虎に祐椿尼は自分が直虎に対してしてきたひどい仕打ちの数々を指して自分が役立たずだと語った。

出家をさせ、男の代わりに家督を継がせ、結果として直虎に大変な目に遭わせたことを詫びる祐椿尼に直虎は言った。

「私は自分の身の上が不幸だなどと思ったことはないです。望まぬ道を歩まされたことは一度もないし、むしろ今となっては自分でなければ知らなかったことが山のようにある。もし自分が普通に嫁ぎ、館の奥で過ごしていたら、百姓は米を運び、ならず者たちは悪党、商人は銭ばかり追い求める卑しい者、乗っ取りを企む家老は敵、そう思っていたに違いありません。女だてらに後見になり、つまずくことも悲しいこともあったが、私は幸せですよ。母のたったひとりの娘として生まれ、支えられ、慈しまれ、母を独り占めしてきました。これほどの果報者はそうおりません。私を一人娘に生んでくれ、この人生を与えてくれてありがとうございます」

直虎がそういうと母は直虎の顔を撫でて、ずっと直虎の身を心配していたいと語った。
二人はそう言いながら微笑み合った。

その夜、祐椿尼は静かに息を引き取った。後には皆への文が残されていた。
母の文を読んでいる直虎の傍に和尚が寄ってきて、文の内容を尋ねた。そこには虎松の手助けをしてやってほしいと書かれていた。
「真に今後、何の手助けもしてやらぬつもりか?」と和尚。
「手助けなど、要らぬようですよ」と直虎。
「あやつはまだ若い。まだまだ、知らぬことだらけだ」と和尚は言った。

万千代に光が当たり始めた一方で、暗い影も動きはじめていた。


浜松城。榊原は万千代と万福をその日より末席に座ることになったと家臣たちに紹介した。
それを聞いて、また寝所で手柄を立てたと揶揄するものが居た。それを聞いた万千代は着物をはだけて、大声でこう叫んだ。

「井伊万千代。こたびはかような寝所の手柄にて末席を汚すことになりました。以後、お見知り置きを」

それを聞いた家臣たちは万千代の態度に驚き、また、感心し、脅威を感じ始めたのだった。
井伊の家督という問題は残しながら、その身に光が差し出した万千代。しかし、日が差せば、必ず影も生じる。

岡崎では近藤武助が引き回され、首を晒し、一族ことごとく殺せという浜松の命に石川数正(中村織央)が憤っていた。それを聞いた徳川信康は「当然であろう」と答えた。
その影の中で、徳川家最大の悲劇が起ころうとしていた。

(第44話終わり。つづく)

スポンサーリンク

さるぼぼ母の感想。


万千代がいかに優秀で家康の心を掴み、四天王と呼ばれる家臣となっていったかを物語るエピソードでした。武勲を立てる代わりに、寝所で家康を狙う武田の間者である近藤武助という信康の小姓は岡崎に大きなトラブルを巻き起こすことになりそうです。

それにしても、間者でありながら、信康の傍に居て、信康を殺すのではなく、家康に近づいて毒殺しようとする大胆な手口。それにほんのちょっとの違いで気がつく万千代の機転というのが描かれます。家康の仕打ちに毒づきながら、いつもそれ以上の手柄を立てる万千代ですが、何度も言いますが幼き頃の虎松とまったく人物像が被りませんね。

直虎に対する態度にしてもあれほどまでに悪態をつくとは、なんという性格の悪さというか(笑)、確執というよりは、敵対に近いではないですか。この後、おそらく直虎と虎松は和解して、共に家康に尽くすことになる?のでしょうが(その前に終わっちゃう?)、それにしても菅田将暉君の演じる虎松があまりにも激しくて、毎回笑っちゃいます。

そして、ずっと直虎を見守ってきた優しい母である祐椿尼の死。哀しく描かれてはいませんが、また直虎を見守る人が居なくなったわけですから、ドラマも終盤に近づいているのでしょう。

さて、この万千代がどれほど魅力的で皆を惹きつけていくキャラクターとなるのか、が大河ドラマの成功を担ってるように思えるのは私だけでしょうか。あんなに愛された政次のようになってほしいものです。


関連記事

「おんな城主直虎」の見逃し配信はU-NEXTで。

31日間無料トライアルで今すぐ見たかった放送回をチェック!